北海道新幹線2016.3新函館北斗開業ウェブサイト

函館商工会議所が所管する新幹線推進団体の活動アーカイブです

‘事業案内(新幹線機構)’ 分野の情報一覧

第7回北海道新幹線地域活性化フォーラムがさる11月22日、マリエール函館にて北海道新幹線新函館開業対策推進機構と(社)北海道商工会議所連合会の主催により開催され、函館市民をはじめ、周辺自治体や観光関係者、新幹線関係団体、札幌からの視察団など、250名余が参加しました。

 

 

 はじめにJR九州高速船(株)代表取締役社長(元・九州旅客鉄道(株)常務取締役)の町孝氏より、「新幹線と観光特急で元気な九州」と題した基調講演をいただきました。
 続いて、立教大学観光学部特任教授の清水愼一氏をコーディネーターとして、基調講演の町氏にくわえ、北海道旅客鉄道(株)取締役函館支社長の幅口堅二氏、(社)北海道商工会議所連合会会頭の高向巌氏、北海道新幹線新函館開業対策推進機構会長(函館商工会議所副会頭)の永井英夫氏をパネリストに、「北海道新幹線開業効果拡大に向けて」という演題でディスカッションを行いました。
 「青函連携が大事」「新駅名称やダイヤなど地元から声をあげていくべき」「首都圏・東北からの集客を」といったパネリストの提言に、参加者も熱心に耳を傾けていました。

 また、フォーラム終了に引き続き、地域一丸となった取り組みを目指すことを目的とした、第3回北海道新幹線関係団体懇談会を開催し、講師・パネリストを囲んでの懇談や意見交換で交流を深めました。


Tags:


 「北海道新幹線地域活性化フォーラム」は、北海道新幹線新函館開業に関する地域の課題など意識共有を図り、一丸となった地域づくりを目指すことを目的として、平成20年度よりシリーズ形式で開催しています。
 このたび下記により第7回を開催いたしますので、どうぞご参加下さい。

◎日 時:平成24年11月22日(木) 16:00―18:30

◎会 場:マリエール函館 (函館市梁川町2―8)

◎内 容:
   (1)基調講演「新幹線と観光特急で元気な九州」
    講師:JR九州高速船(株)代表取締役社長 町 孝 氏

 (2)ディスカッション「北海道新幹線開業開業効果拡大に向けて」
    パネリスト:
     ・JR九州高速船(株)代表取締役社長   町   孝 氏
     ・北海道旅客鉄道(株)取締役函館支社長  幅口 堅二 氏
     ・(社)北海道商工会議所連合会会頭    高向  巌 氏
     ・北海道新幹線新函館開業対策推進機構会長
      (函館商工会議所副会頭)        永井 英夫 氏
    コーディネーター:立教大学観光学部特任教授 清水 愼一 氏

※講師略歴・申込書式を掲載したリーフレットはこちらからダウンロードできます(PDF240KB)

◎定 員:250名(入場無料、定員になり次第受付を閉め切らせて頂きます)

◎お申し込み:
上記リーフレットをダウンロード・印刷の上、下記連絡先までFAXいただくか、「11月22日フォーラム参加希望」と明記の上、氏名・企業名(団体名)、連絡先電話番号を明記し、こちらの投稿フォームからお申し込み願います。

北海道新幹線新函館開業対策推進機構(函館商工会議所内)
TEL:0138-23-1181(内線44)  FAX:0138-23-1220

◎主 催:北海道新幹線新函館開業対策推進機構(幹事:函館商工会議所、函館市、(社)函館国際観光コンベンション協会)
      (社)北海道商工会議所連合会
◎共 催:函館商工会議所、新幹線青森・函館早期開業促進期成会、北海道新幹線函館資材協力会
◎後 援:北海道運輸局、北海道、北海道新幹線建設促進期成会、(社)北海道観光振興機構


Tags:


 北海道新幹線新函館開業対策推進機構では、2015年度の北海道新幹線開業に向けた諸事業を推進しておりますが、今年度の重点事業として、魅力あるまちづくりの担い手を養成する「新幹線開業はこだて魅力創造ゼミナール『はこゼミ』」の本科生を5月25日―6月25日に募集したところ、22名の応募があり、さる7月11日、ロワジールホテル函館にて、「はこゼミ」開講式ならびにオリエンテーションを開催いたしました。

 開講式にはゼミ生21名が参加、当機構永井会長の式辞ののち、永澤事務局長より「アクションプランと新幹線開業に向けた取り組み」の講義を行い、その後ゼミ生の自己紹介、年間スケジュールの説明等を行いました。

 なお、引き続き聴講生と本科生の募集を行っております。講座内容は下記のとおりです。
(日時・演題は変更となる場合があります)

予定日時

演題・内容

講師

7月26日(木)18:30―20:30 ホテル函館ロイヤル 『「あるもの活かし」と「やわらかネット」』
 いまある地域資源を活かした観光まちづくりの重要性と、それを支えるプラットホーム・ネットワークづくり、誕生したプロジェクトについて
弘前感交劇場推進委員会事務局(弘前市商工観光部観光物産課長)櫻田宏 氏(弘前市)
8月9日(木)18:30―20:30 函館国際ホテル 『青森らしさにとことんこだわる(1)・・・A―FACTORY(エーファクトリー)の取組み』
 同施設と新青森駅「旬味館」運営事業者としての店づくりへの思いについて
(株)JR東日本青森商業開発 代表取締役社長 本宮彰 氏(青森市)
8月22日(水)18:30―20:30 函館国際ホテル 『地元市場を観光のメッカに変身させた「のっけ丼」ができるまで』
 今や観光客が年間10万杯を食すのっけ丼の仕掛け人が語る、地元向け市場が開業を機にどう変わったのか、青森における新幹線開業対策の取組みについて
青森商工会議所 観光交流推進課長 鈴木匡 氏(青森市)
9月6日(木)18:30―20:30 ロワジールホテル函館 『青森らしさにとことんこだわる(2)・・・古牧温泉青森屋の取組み』
 経営破綻したホテルの再生に取り組んだ支配人がこだわった「青森らしさの演出」によって、スタッフとホテルはどう変わっていったのかについて
古牧温泉青森屋 前総支配人、(株)星野リゾート・トマム 代表取締役総支配人 佐藤大介 氏(三沢市、現北海道占冠村)
9月21日(金)18:30―20:30 函館商工会議所 『街歩きは知的エンターテインメント』
 弘前路地裏探偵団をはじめとする、弘前におけるまちあるき観光の拡がりや、お洒落な演出による情報発信などについて
弘前路地裏探偵団 前団長((社)弘前観光コンベンション協会 事務局長) 坂本崇 氏(弘前市)
10月3日(水)18:30―20:30 函館国際ホテル 『毎週数万人の人出で賑わう八戸「舘鼻岸壁朝市」運営ヒストリー』
 何もない埠頭を会場に平成16年からスタートし、今では日本有数の朝市といわれる規模に成長した同朝市の運営の歴史について
(協)湊日曜朝市会 理事長 上村隆雄 氏(八戸市)
10月12日(金)夜―14日(日) 宿泊研修 (行程調整中)五所川原立佞武多の館―津軽の食と産業まつり―弘前路地裏探偵団―古牧温泉青森屋―舘鼻岸壁朝市―八戸ポータルミュージアムはっち―新幹線―のっけ丼―A―FACTORY&ワ・ラッセ
11月15日(木)18:30―20:30 ホテル函館ロイヤル 『雪国地吹雪体験の歩み―厄介者の地吹雪が観光資源になるまで―』
 地元にとって厄介な自然現象でしかない地吹雪を観光資源に変えて25年の観光カリスマが見つめてきた観光まちづくりについて
津軽地吹雪会 代表 観光カリスマ 角田周 氏(五所川原市)
10 11月28日(水)18:30―20:30 ホテル函館ロイヤル 『本州の端っこで「よぐきだの―!」と叫ぶ―シモキタの魅力発信作戦―』
 フェリー埠頭での大漁旗旗振り活動や、リゾート列車でのほっかむり行商隊、浜のかあさん達による観光ガイド活動など、下北半島が地域ぐるみで取り組む活動と魅力発信の方法について
あおぞら組 組長 島康子 氏(大間町)
11 1月24日(木)18:30―20:30 ホテル函館ロイヤル 『B級ご当地グルメで地域を売り込む―八戸発「B‐1グランプリ」の発想と戦略―』 今や全国的ブームとなった「B級ご当地グルメ」を活用したまちおこし。「B‐1グランプリ」を仕掛けた当人は、いかにして「八戸せんべい汁」を全国ブランドに育てたかについて 八戸せんべい汁研究所事務局長、八戸広域観光推進協議会 観光コーディネーター 木村聡 氏(八戸市)
12 2月21日(木)18:30―20:30 ホテル函館ロイヤル 『中心商店街再生に必要なこと』
商店街活性化・まちづくりの先駆者として手掛けてきた様々な取組みと、再生のために必要なことについて
青森市まちづくりあきんど隊 隊長 (有)PMO 代表取締役 加藤博 氏(青森市)
13 3月22日(金)18:30―20:30 平成24年度修了式   

<聴講生に関して>
■聴講生の受講料は1名1回500円(会場費・資料代)です。講演は1時間程度を予定しています。
■聴講希望の方は希望講座日4日前までにお申し込み願います。こちらの申込書をダウンロードしてお申し込みください。
■各会場定員になり次第受付終了です。

<本科生に関して>
■本科生(無料)も若干名の空きがございます。受講希望の方は、こちらの記事をお読みいただき、参加資格等をご確認の上、所定様式をダウンロードしてお申し込みください。


Tags:

北海道新幹線新函館開業対策推進機構が整備支援を行っております講習無線LANスポット「Hakodate City Wi-Fi」サービスの提供エリアにつきましては、このほど函館市公式観光情報サイト「はこぶら」が「まちなか便利マップ」として記事公開され、地図付きで詳しく紹介しています。

はこぶらのホームページ

函館市内観光施設等でのWi-Fiサービス一覧はこちら(PDF) 

機構では今年度もサービス提供箇所の拡充を行っていく予定です。サービス箇所が追加されましたら、当WEBサイトやはこぶら等で続報いたします。


Tags:

(5月24日更新)

 「北海道新幹線開業はこだて活性化アクションプラン」に基づく事業を推進する北海道新幹線新函館開業対策推進機構では、平成27(2015)年度予定の新幹線開業に向け、まちづくりの担い手を養成する講座を開講します。『「私たち市民が楽しんで暮らしている街」は必ず「観光客も楽しめる街」になる』という考えに基づき、まちづくりを「他力本願」や「ないものねだり」することなく、ゼミ生自らが担い手としてまちづくりに参画し、地域の魅力を創造していくことを目指します。

 平成24年度は「知恵」「つながり」「仲間」「きっかけ」の創造に重点をおき、函館・道南に暮らす私たちにとって身近な地域ながら知る契機があまりない、青森県内の名所・名物づくりや魅力づくり、まちづくりを実践・持続されている方々を講師に招き、あたらしい名所・名物づくり、魅力づくりに向けた知識や経験、人脈の形成を行います。また、受講者が持つアイデアを具体的にしていくためのワークショップ等を通し、修了式までに各自(または各グループ)が進めたい事業案を策定することを目指します。

 はこゼミの事業内容及び申込要領を下記に記載します。また、PDFファイル「はこゼミ」リーフレットをダウンロードいただきますと、事業概要・申込要領・申込書一式が入手できます。

【このような方々をお待ちしています】

○魅力創造やまちづくり活動に興味、関心のある方、地域活動、社会貢献活動に取り組んでいる方
○製造、小売、飲食、宿泊、サービス業など観光に関わりのある企業に従事している方で、企業活動を通して函館の魅力を生み出したい、強めたいと考えている方
○上記の方々を支援できる企業や地方公共団体の方

【応募・申込要領】…「本科生」と「聴講生」をそれぞれ募集します

講座会場 主として函館駅周辺地域のホテル・公共施設等を使用します (バリアフリー施設ではない場合があります)
募集区分 本  科  生 聴  講  生
講座内容 (前半)講義60分+質疑、(後半)講師とゼミ生による演習50分。必要に応じ予備日に自主ゼミ・ワークショップなど開講予定 (前半のみ)講義60分+質疑
参加資格
  • 函館市を拠点に仕事や生活をされ、自身の手で地域の魅力を創造したいと考えている方。函館市外の方の場合、函館でのゼミ活動へ通うことができる方
  • 3年後の北海道新幹線開業時に向けて何らかの企画やプロジェクトを構想し、将来もその担い手や支援者として関わっていることができる方
  • パソコン用メールアドレス(添付ファイルの送受信環境)がある方
特になし
受 講 料 無 料 (ゼミ後の懇親会や10月開催の宿泊研修は実費となります) 1名1回500円(会場費・資料代)
定  員 30名  応募多数の場合は書類選考を行います 会場定員に達し次第
申込方法・期間 申込書【本科生用・様式1】に必要事項記入し、申込書記載宛先へ送付 受付期間:5月25日(金)から6月25日(月) 申込書【聴講生用・様式2】に必要事項記入し、受講希望講座4日前迄に申込書記載宛先へ送付

<ダウンロードファイル>
「はこゼミ」リーフレット(事業概要・申込要領・申込書付)(PDF1.1MB)

「はこゼミ」【本科生用・様式1】受講申込書(PC入力用excelファイル35KB)

「はこゼミ」【聴講生用・様式2】受講申込書(PC入力用excelファイル30KB)

※PC入力用excelファイルでお申込の方は、下記メールアドレスの「(a)」の部分を半角@に置き換え、添付ファイルとして送信願います。手書きの方などはFAXでお願いします。

(申込用アドレス)postmaster(a)shinkansen-hakodate.com

(申込用FAX)0138-23-1220

【講座内容】

※日時・演題は変更となる場合があります。他に自主ゼミなど予備日を設定しています。

予定日時

演題・内容

講師

7月26日(木)18:30―20:30 ホテル函館ロイヤル 『「あるもの活かし」と「やわらかネット」』
 いまある地域資源を活かした観光まちづくりの重要性と、それを支えるプラットホーム・ネットワークづくり、誕生したプロジェクトについて
弘前感交劇場推進委員会事務局(弘前市商工観光部観光物産課長)櫻田宏 氏(弘前市)
8月9日(木)18:30―20:30 函館国際ホテル 『青森らしさにとことんこだわる(1)・・・A―FACTORY(エーファクトリー)の取組み』
 同施設と新青森駅「旬味館」運営事業者としての店づくりへの思いについて
(株)JR東日本青森商業開発 代表取締役社長 本宮彰 氏(青森市)
8月22日(水)18:30―20:30 函館国際ホテル 『地元市場を観光のメッカに変身させた「のっけ丼」ができるまで』
 今や観光客が年間10万杯を食すのっけ丼の仕掛け人が語る、地元向け市場が開業を機にどう変わったのか、青森における新幹線開業対策の取組みについて
青森商工会議所 観光交流推進課長 鈴木匡 氏(青森市)
9月6日(木)18:30―20:30 ロワジールホテル函館 『青森らしさにとことんこだわる(2)・・・古牧温泉青森屋の取組み』
 経営破綻したホテルの再生に取り組んだ支配人がこだわった「青森らしさの演出」によって、スタッフとホテルはどう変わっていったのかについて
古牧温泉青森屋 前総支配人、(株)星野リゾート・トマム 代表取締役総支配人 佐藤大介 氏(三沢市、現北海道占冠村)
9月21日(金)18:30―20:30 函館商工会議所 『街歩きは知的エンターテインメント』
 弘前路地裏探偵団をはじめとする、弘前におけるまちあるき観光の拡がりや、お洒落な演出による情報発信などについて
弘前路地裏探偵団 前団長((社)弘前観光コンベンション協会 事務局長) 坂本崇 氏(弘前市)
10月3日(水)18:30―20:30 函館国際ホテル 『毎週数万人の人出で賑わう八戸「舘鼻岸壁朝市」運営ヒストリー』
 何もない埠頭を会場に平成16年からスタートし、今では日本有数の朝市といわれる規模に成長した同朝市の運営の歴史について
(協)湊日曜朝市会 理事長 上村隆雄 氏(八戸市)
10月12日(金)夜―14日(日) 宿泊研修 (行程調整中)五所川原立佞武多の館―津軽の食と産業まつり―弘前路地裏探偵団―古牧温泉青森屋―舘鼻岸壁朝市―八戸ポータルミュージアムはっち―新幹線―のっけ丼―A―FACTORY&ワ・ラッセ
11月15日(木)18:30―20:30 ホテル函館ロイヤル 『雪国地吹雪体験の歩み―厄介者の地吹雪が観光資源になるまで―』
 地元にとって厄介な自然現象でしかない地吹雪を観光資源に変えて25年の観光カリスマが見つめてきた観光まちづくりについて
津軽地吹雪会 代表 観光カリスマ 角田周 氏(五所川原市)
10 11月28日(水)18:30―20:30 ホテル函館ロイヤル 『本州の端っこで「よぐきだの―!」と叫ぶ―シモキタの魅力発信作戦―』
 フェリー埠頭での大漁旗旗振り活動や、リゾート列車でのほっかむり行商隊、浜のかあさん達による観光ガイド活動など、下北半島が地域ぐるみで取り組む活動と魅力発信の方法について
あおぞら組 組長 島康子 氏(大間町)
11 1月24日(木)18:30―20:30 ホテル函館ロイヤル 『B級ご当地グルメで地域を売り込む―八戸発「B‐1グランプリ」の発想と戦略―』 今や全国的ブームとなった「B級ご当地グルメ」を活用したまちおこし。「B‐1グランプリ」を仕掛けた当人は、いかにして「八戸せんべい汁」を全国ブランドに育てたかについて 八戸せんべい汁研究所事務局長、八戸広域観光推進協議会 観光コーディネーター 木村聡 氏(八戸市)
12 2月21日(木)18:30―20:30 ホテル函館ロイヤル 『中心商店街再生に必要なこと』
商店街活性化・まちづくりの先駆者として手掛けてきた様々な取組みと、再生のために必要なことについて
青森市まちづくりあきんど隊 隊長 (有)PMO 代表取締役 加藤博 氏(青森市)
13 3月22日(金)18:30―20:30 ホテル函館ロイヤル 平成24年度修了式   

Tags:

※下記記載の内容はリリース時点のものです。利用料金等はサービス提供事業者のメニュー変更に伴い変更されております

(2012年3月23日共同リリース)

函 館 市
函館市企業局
北海道新幹線新函館開業対策推進機構
株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス

 

函館市,函館市企業局,北海道新幹線新函館開業対策推進機構と,株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(本社:東京都中央区,代表取締役社長:高津智仁)は,函館市内主要観光施設および交通機関(路面電車・空港連絡バス)にて,「Hakodate City Wi-Fi」を展開します。

函館市は,その歴史的建造物や美しい街のたたずまいなど,多くの観光スポットが存在し,国内外から多くの観光客が訪れる我が国を代表する観光都市ですが,最近では,スマートフォンやタブレットPCをはじめとしたWi-Fiによるインターネット接続可能な情報端末の急激な普及により,これらのユーザに対する情報提供体制の構築や,平成27年度に予定される北海道新幹線新函館(仮称)開業により,増加が見込まれる観光客への受入体制の向上が課題となっておりました。

このようなことから,函館市におけるWi-Fi利用環境の拡大を目的とした,下記Wi-Fi(公衆無線LAN)サービスを次のとおり展開してまいります。

<Hakodate City Wi-Fi概要>
1.提供サービス 「Wi2 300」(詳細別紙参照)
2.導入場所   市内主要観光施設および交通機関(詳細別紙参照)
3.導入時期   平成24年3月23日 (サービス箇所は順次拡大)
4.利用案内   導入施設には利用方法が記載されたパンフレットを設置
5.その他     「Hakodate City Wi-Fi」導入場所においては,KDDI株式会社が展開する「au Wi-Fi SPOT」サービスも同時に利用可能です。

※路面電車全車両でのWi-Fi事業者によるサービス実施は国内初となります。(当機構調べ。過去には万葉線[富山県高岡市・射水市]による実験サービス、また2011年10月導入の岡山電気軌道[岡山市]momo2号車内タブレット端末によるサービス実績があります)

<ロゴマーク>
導入スポットには次のステッカーが掲示されています

(別  紙)
1.導入サービス「Wi2 300」について
*SSID(※1): “Wi2premium”(空港連絡バスを除く)
「Wi2 300」は,ログイン画面からオンライン申込(日・英対応)が可能で,外国人観光客の方々にも「ワンタイムプラン」(※2)をお申込みいただくことで,「Hakodate City Wi-Fi」スポットはもちろんのこと,全国9万カ所でWi-Fiサービスをご利用いただけます。
また,定額プランも用意されており,スマートフォンであれば契約先に関係なく,誰でもお申込みいただくことが可能です。(クレジットカード決済)

※1 SSID: Wi2premiumについて
SSIDとは,「EESSID」「ネットワークネーム」とも呼ばれますが,「Service Set ID」の略で,無線LAN接続時に特定のネットワークを指定する識別名です。Wi2は,従来のSSID:Wi2に加え,急拡大しているエリアにおいて,SSID:Wi2premiumを展開しています。今夏以降を目処に,より広いエリアでご利用頂ける「Wi2 300プレミアムプラン」(仮称)サービスを開始するとともに(価格については未定),現在の「Wi2 300」定額プラン(380円)を「Wi2 300ベーシックプラン」(仮称)と位置づけ,お客様が各々のエリアのニーズに応じて,プランを選択して頂けるようにしていく予定です。既存の「Wi2 300」の定額プラン及び従量制プランのユーザの皆様は,「Wi2 300プレミアムプラン」のサービス開始までの期間において,「プレミアムエリアお試しキャンペーン」として,追加料金等は一切なしで,SSID:Wi2premiumのエリアをご利用頂けます。

※2 ワンタイムプラン
最初にログインした時から一定時間,国内のサービスエリア全てをご利用になれるプランです。ワンタイムプランは,6時間(350円),1日(800円),3日間(1,500円),1週間(2,000円)の4種類をご用意しており,Wi2のサービスエリアからのその場でお申込みいただくことも可能です。

2.導入場所について

区分

導 入 施 設 名

設 置 状 況 等

交通

機関

函館市電車内・停留所 全車両設置済。停留所は4月以降検討
空港連絡バス(函館帝産バス) 3月末までに設置予定
函館駅前バス案内待合所 5月末までに設置予定
津軽海峡フェリーターミナル 5月末までに設置予定

函館山ロープウェイ山麓駅 設置済
五稜郭タワーアトリウム 設置済
金森赤レンガ倉庫 5月末までに設置予定
旧イギリス領事館 5月末までに設置予定
元町観光案内所 5月末までに設置予定
函館駅観光案内所 5月末までに設置予定
函館市地域交流まちづくりセンター 設置済
函館朝市どんぶり横丁 5月末までに設置予定
函館駅二商業協同組合(駅二組合) 設置済
渡島蔬菜農業協同組合(朝市ドーム) 設置済

3.今後の事業展開について

今後については,関係機関・企業が連携して,サービス対象エリアの拡大に努めるほか,函館独自の情報を無料で提供できる仕組み作りを検討してまいります。

4.本リリースに関する問い合わせについて

函館市観光コンベンション部観光振興課 企画担当:船山
TEL 0138-21-3383  Eメール kankoushinkou@city.hakodate.hokkaido.jp

函館市企業局交通部 営業担当:廣瀬
TEL 0138-32-1731  Eメール koutsu@city.hakodate.hokkaido.jp

北海道新幹線新函館開業対策推進機構  担当:永澤
TEL 0138-23-1181  Eメール postmaster@shinkansen-hakodate.com

株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス 広報担当:七條
TEL 03-6758-2129  Eメール pr@wi2.co.jp

 


Tags:

花びしホテル函館において開催された第6回フォーラムには、約180名の市民が参加しました。

はじめに立教大学観光学部特任教授の清水愼一氏より、「観光まちづくり成功へのヒント」と題した基調講演をいただきました。
続いて新幹線新青森駅開業対策事業実行委員会事務局(青森市経済部新幹線開業対策課長)の竹内芳氏より、「新幹線開業に向けた取り組みと開業後の状況について」の内容で事例発表をいただきました。

他地域での具体的な先行事例や、新幹線開業効果を函館の観光に生かすための提言に、多くの聴衆が熱心に耳を傾け、北海道新幹線開業に対する関心の高さがうかがえました。


Tags:

 
 函館商工会議所および会議所に事務局を置く新幹線関係3団体では、平成20年度より新幹線開業に関する地域の課題など意識共有を図り、一丸となった地域づくりを目指すことを目的とした「北海道新幹線地域活性化フォーラム」を、シリーズで開催しております。
 このたび下記により第6回を開催いたしますので、どうぞご参加下さい。

※なお、当フォーラムは、本年3月31日に予定していたもので、震災の影響等で開催延期となっておりましたが、このたび実施の運びとなりました。

◎日時:平成23年9月29日(木) 15:30―17:30

◎会場:花びしホテル2F (函館市湯川町1―16―18) 入場無料

◎内 容:
 (1)基調講演「観光まちづくり成功へのヒント」
  講師:立教大学観光学部特任教授 清水 愼一 氏

 (2)事例発表「新幹線開業に向けた取り組みと開業後の状況について」
  講師:新幹線新青森駅開業対策事業実行委員会事務局
  (青森市経済部新幹線対策課)

※講師略歴・申込書式を掲載したリーフレットはこちらからダウンロードできます(PDF1MB)

◎お申し込み
上記リーフレットをダウンロード・印刷の上、下記連絡先までFAXいただくか、「9月29日フォーラム参加希望」と明記の上、氏名・企業名(団体名)、連絡先電話番号を明記し、こちらの投稿フォームからお申し込み願います。

北海道新幹線新函館開業対策推進機構(函館商工会議所内)
TEL:0138-23-1181(内線44)  FAX:0138-23-1220

◎主 催:北海道新幹線地域活性化フォーラム開催幹事会
(第6回主幹事)北海道新幹線新函館開業対策推進機構
(幹事)函館商工会議所新幹線開業対策特別委員会、新幹線青森・函館早期開業促進期成会、北海道新幹線函館資材協力会
◎後 援:北海道運輸局函館運輸支局、北海道渡島総合振興局、北海道新幹線建設促進道南地方期成会


Tags: