北海道新幹線2016.3新函館北斗開業ウェブサイト

函館商工会議所にある新幹線推進団体のwebサイトです

このほどJR北海道・JR東日本より、北海道新幹線に関する「おトクなきっぷ」設定が発表されました。現在発行されている本州方面の全ての割引企画きっぷは廃止され、インターネット予約を中心とした割引切符体系となり、価格をはじめ購入・利用方法が大きく変更となります。下表に変更前後の価格と増減率等をまとめました。利用の際はどうぞご留意下さい。

北海道新幹線新函館開業対策推進機構・函館商工会議所では、利用・購入しやすい割引切符の造成について3年前よりJR北海道へ要望等を行っておりますが、今回の発表を踏まえ、引き続き関係機関と連携し活動を継続してまいります。

 

■2016年1月5日発表 JR北海道設定 割引企画きっぷの変更点(新幹線・特急の通常期指定席で往復する場合)

函館駅から 3月21日迄の各種割引切符利用価格 新幹線開業後 割引なし(駅窓口・旅行代理店・当日購入)乗車券函館駅通算、601km以上往復割引 新幹線開業後 ネット予約利用
上段14日前迄購入
下段前日迄購入
在来線乗車券込
開業後の割引企画切符変更点
(メリット=○、デメリット=×)
青森駅
170.7km
8,130円 15,380円 +89.2%
(乗6,480+特8,900)
9,800円 +20.5%
12,700円 +56.2%
×)下記※1,2,3,4,5
×)新青森駅・青森駅間は別途乗車券の購入必要
×)フリー乗車区間の利用は廃止
弘前駅
200.2km
8,130円 16,680円 +105.1% (7,780+8,900) 10,580円 +30.1% 13,480円 +65.8% ×)下記※1,2,3,4,5
×)新青森駅・弘前駅間は別途乗車券の購入必要
×)フリー乗車区間の利用は廃止
本八戸駅
254.0km
14,670円 21,880円 +49.1% (9,300+12,580) 15,000円 +2.2% 18,940円 +29.1% ×)下記※1,2,3,4,5
×)八戸駅・本八戸駅間は別途乗車券の購入必要
盛岡駅
345.1km
17,720円 26,400円 +49.0% (12,320+14,080) 17,440円 -1.6%
22,600円 +27.5%
×)下記※1,2,3,4,5
仙台駅(仙台市内) 528.6km 23,450円 35,040円 +49.4% (17,280+17,760) 24,940円 +6.4% 31,840円 +35.8% ×)下記※1,2,3,4,5
×)フリー乗車区間の利用は廃止
宇都宮駅
770.9km
26,920円 40,420円 +50.1% (19,820+20,600) 設定なし ×)割引設定そのものが無し
大宮駅
850.1km
27,520円 41,600円 +51.2% (20,800+20,800) 33,300円 +21.0% 42,000円 +52.6% ×)下記※1,2,3,4,5
×)フリー乗車区間の利用は廃止
×)前日迄購入よりも通常購入のほうが安い
東京駅(都区内) 880.4km 28,980円 43,640円 +50.6% (21,380+22,260) 34,740円 +19.9% 43,820円 +51.2% ×)下記※1,2,3,4,5
×)フリー乗車区間の利用は廃止
×)前日迄購入よりも通常購入のほうが安い

※1)インターネットでの事前の利用者登録・クレジットカードが必要 ※2)当日購入不可 ※3)JR東日本管内の駅では発券不可かつ切符発券後の変更不可 ※4)旅行代理店等への発注不可 ※5)函館駅・新函館北斗駅間は別途乗車券の購入必要(今回発表の「北海道ネットきっぷ」は乗車券の通し購入や特急券の乗継割引には対応していない)

※9)上表は2016年1月5日時点の比較です。新たな割引切符等が発売された場合追記します


Tags:

Comments are closed.